仕事行きたくない… | 薬を飲んでいるかを確認しましょう

家族の見ている前で薬を飲む習慣をつけてください

スポンサーリンク

 

抗うつ薬を処方されたときは
家族も服用回数を把握して
医師の指示通りに飲んでいるか
常にチェックしてあげてください。

 

 

中には、心の病気であることを認めたくないために
薬をわざと飲まなかったり、
副作用が出たために勝手に量をへらしてしまう
場合もあります。

 

 

しかし、薬を一時中断したりすると
次は最初の少ない量からやり直さなければ
いけなくなります。
そうした時間と費用のムダを防ぐためにも
家族がしっかりと協力してあげてください。

 

 

ここで注意したいのは、
薬の効果を疑うような言動
絶対に慎んでください。

 

 

そもそも、抗うつ薬には速効性はありません。
ですから、

 

「薬を飲んでいるのに、どうしてよくならないんだろう。」

 

といったことは
患者の前では決して口にしないでください。
ただでさえ不安な患者を
ますます動揺させてしまいます。

 

 

また、医師が適切な抗うつ薬を処方するためには、
家族からの情報はとても大きな手掛かりになります。

 

 

薬を飲むようになってからどんな変化が表れたか
どんな副作用が見られたかなどは
分かる範囲で伝えるようにしてください。

 

 

そうした情報を伝えることで
薬の量をどう加減するか、
種類を変更すべきかなどの判断の目安に
することができるからです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>一人暮らしは気を付ける | 仕事行きたくない 次のページへ

 

仕事行きたくない…私のうつ病体験記 トップページへ

 

どうしても我慢できそうにないなら…

 

もしあなたのうつ症状の原因が仕事にあるなら
できるだけその仕事から離れましょう
経験上、ストレス源である仕事を続けながら
うつ症状が良くなることはありません。

 

  • リフレッシュ休暇をとったり
  • 所属部署を変えてもらったり
  • 直属の上司を変えてもらったり
  • 担当の仕事を変えてもらったり

 

しながら、できるだけストレスの源になる
場所や人や仕事から距離を置くのです。

 

そして、どうしてもそれらが難しかったら、
「転職」することも選択肢の一つです。

 

道は決して一つではありません。

 

あなたの生命を守るために最適な方法を
冷静に判断するようにしてください。

 

ジェイックの就職支援 マイナビエージェント

20代限定にはなりますが、専任の就職サポーターがあなたを鍛え上げ、正社員再就職までをみっちりサポートしてくれます。ブラック企業を徹底的に除外してくれているので、安心して就職先を選ぶことができます。

≫公式HPへ

首都圏の20〜30代の転職にめっぽう強い人材紹介サービスです。国内最大級の転職人材紹介会社であり、非公開求人もたくさん抱えています。転職を考えるならまず真っ先にこちらに登録するのがセオリーでしょう。

≫公式HPへ

 

 

page top