仕事行きたくない… | 一人暮らしの場合は特に気を付けましょう

一人暮らしの場合は特に気を付ける必要があります

スポンサーリンク

 

一人暮らしをしている身内が

 

「最近、食欲がなくて…」
「夜に、まったく眠れなくて…」

 

といった身体症状を訴えてきたときは
悩みや不安を抱えていないか
しっかりと話を聞いてあげましょう。

 

 

具体的に話してくれるかは分かりませんが、

 

  • 声にいつもの元気がない
  • 弱音を吐いては自分のせいにする

 

といった傾向が感じられるときは
うつ病を疑う必要が出てきます。

 

 

たとえば2〜3日たって、もう一度連絡したときに
以前よりも状況が悪くなっているときは
とにかく会って様子を確かめて
専門医の受診を勧めるようにしましょう。

 

 

基本的に、一人でいるということは
不安が強くなった時に安心感を与えてくれる人が
いないということですから、
環境としてはまったく好ましくありません。

 

 

よしんば、本人が「一人で大丈夫」と言っても
定期的に連絡をしたりして
体調や心の状態を探るようにしてあげてください。

 

 

もし、死を口にしたり、絶望的なことを
話し始めたりしたら、
かなり追い詰められていると受け止めてください。
すぐに駆けつけてケアしてあげる必要があります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>治りかけに注意する | 仕事行きたくない 次のページへ

 

仕事行きたくない…私のうつ病体験記 トップページへ