仕事行きたくない… | 何度も自殺を考えました

何度も自殺しようかと考えました

スポンサーリンク

 

自殺する人の原因は人それぞれ違うと思いますが、
その全員に共通していることがあるとすれば
世の中に絶望してしまっている
という点だと思います。

 

「生きていても何も良いことなんかない…」
「自分なんて生きていても迷惑がかかるだけ…」
「死んでしまったら楽になれる…」

 

といった心境のときに
人は自らの尊い命を絶ってしまうのです。

 

 

本来、よほどの思い切った行動に出ない限り
人は死なないはずなので、
それくらい心理的にも肉体的にも
追い込まれてしまっているのでしょう。

 

 

しかし、これまで自殺した人というのは
本当に心から「死にたい」と思っていたのでしょうか?
私はそれは、違うと考えています。
自殺する人の心理というのは、

 

「本当は死にたくないけど、
このような状況では死ぬしかない。」

 

と思って死んでいるのだと思います。

 

 

私も一度、精神科医とのカウンセリングで
「いっそ死にたいです…」と漏らしたことがあります。
その時に、医師からはこんなことを言われました。

 

 

 

今はそうは思えないかもしれませんが、
時間がたてば、また気分が変わるかもしれませんよ。


 

うつ病になったら、頭も働かなくて
考え方もどうしても悲観的になりがちですので
どうしても将来のことを
ポジティブに考える余裕が出て来ません。

 

 

しかしそれでも、生きていれば
いつかは良いことが起こるかもしれません。
今のこの最悪の現状も、
笑って話せる将来が来るかもしれません。

 

 

いつかこんな私のもとにも幸せがやってきたときに
命を落としてしまっていては、受け取ることができません。
ですから、今はつらくても
頑張ってもう少し生きてみることにしました。

 

 

また、残された人のことも考えました。
大黒柱である夫・父親が自殺したら
妻や子供は心に相当深い傷を負うでしょうし、
経済的にもとても苦労するでしょう。

 

 

そういったことも、うつ病の症状が激しくなると
考えられなくなってしまいがちですが、
どうしても自殺したい衝動に駆られたときは
残された人たちのことを考えるように心がけました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>散歩や家事をしました | 仕事行きたくない 次のページへ

 

仕事行きたくない…私のうつ病体験記 トップページへ