仕事行きたくない… | 医師を信頼して薬を飲み続けてください

薬はきちんと飲み続けるようにしてください

スポンサーリンク

 

思うように症状が改善しないと、気持ちが焦って
薬に対する不信感を抱いてしまいがちです。

 

 

しかし、うつ病を改善するための抗うつ薬というのは
脳内の神経伝達物質の量を
正常に戻すことが役割なので、
うつ病の症状に直接働きかけて治すものではありません。
ですから、ある程度使い続けないと効果が表れないのです。

 

 

ですから、すぐに効果を実感できないからと言って
服用をやめてしまうことは絶対に避けてください。

 

 

また、薬を続けて症状が消えたように感じても、
自分の判断で薬を服用をやめてしまうことは
絶対にやめてください。

 

 

仮に、うつ病の症状がなくなったとしても、
神経伝達物質のバランスは
まだまだ不安定なのです。
その状態で服薬を辞めてしまうと
かえって症状が悪化することも考えられます。

 

 

抗うつ薬というのは
定められた量と回数を守って服用してこそ
最大限の効果を得られる
のです。
ですから、自分の判断で
量や回数を変えてしまうことも厳禁です。

 

 

ちなみに、抗うつ薬を辞める時期というのは
一般的には、患者さん自身が
「自分で気持ちをコントロールできる」
状態になってから、だいたい半年後くらいです。

 

 

この、症状が改善してからの半年間の服用には
再発(再燃)予防の意味が込められています。

 

 

その間は、症状によって
薬の量を調整したり、種類を変えることがありますが、
辞める時期については、医師にまかせて
指示された通りにのみ服用するようにしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>絶対に自殺をしない! | 仕事行きたくない 次のページへ

 

仕事行きたくない…私のうつ病体験記 トップページへ