仕事行きたくない… | 自分がうつ病だという自覚を持ちましょう

うつ病と診断された人が気を付けるべきこと

スポンサーリンク

 

ここからは、うつ病と診断された人が
日常生活で気を付けるべきことをご紹介します。

 

ぜひご参考になさってください。

 

 

自分が「うつ病」であるという自覚を持ちましょう

 

もしあなたが、「うつ病」と診断されたら
まず大事なことは、
自分が病気であるという自覚を持つことです。

 

 

うつ病と診断された場合に
中にはそのことをひた隠しにする人がいます。
うつ病のような精神の病気が
社会的に認知されてきているこのご時世でも、
やはり自分が心の病になったことを他人には知られることには
どうしても抵抗を感じてしまうのだと思います。

 

 

しかし、うつ病の治療というのは
患者、主治医、家族のチームプレーです。
まずはあなたが病気であることを自覚して、
それを治そうという意思を持たない限りは
この連携がうまくいきません。

 

 

また、あなたがうつ病ということを知らない人は
あなたの仕事や家事の能率が落ちたことに対して

 

「怠けている」
「やる気がない」

 

という冷ややかな目を向けてしまうでしょう。
その結果、より人間関係が
ぎくしゃくしてしまうことになりかねません。
そのことが原因で、またうつ病の症状が
悪化してしまっては悪循環です。

 

 

ですから、ぜひ家族や親しい人には、
正直に診断の結果を知らせるようにしてください。
とくに、職場の人には話しづらいとも思いますが、
信頼できる上司や同僚など
できるだけ治療を応援してくれる人を確保することは
とても大切なことなのです。

 

 

また、うつ病というのは昨今、
広く社会的に認知された病気になっています。
精神科にかかることだって、
社会の目はずいぶんと変わってきているのです。

 

 

ですから、

 

「どうも調子が悪いと思っていたら、うつ病だったよ!」

 

と、あっさり公言したほうが
むしろ早く気が楽になると思います。
そして、そういったことを言える人のほうが
治りも早いと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>遠慮せずにとにかく休む | 仕事行きたくない 次のページへ

 

仕事行きたくない…私のうつ病体験記 トップページへ