仕事行きたくない… | 自殺をさせないためにどうすべきですか?

Q.自殺をさせないためにどうするべきですか?

自殺をさせないためにはどういったことに気を付けるべきですか?

 

スポンサーリンク

 

うつ病には自殺が多いということは
よく知られていると思います。

 

 

うつ病の人は、
自分の気持ちを表に表すことが少なく
内に引きこもってしまいがちなので
わかりやすい「自殺のサイン」というのを
出すことは少ないです。

 

 

ですが、それでも気を付けていると
それなりに兆しというものはあるものです。
できるだけ、そういったことを
逃さないようにしてあげてください。

 

 

「死にたい」「自殺したい」といった
直接的な表現はもちろんですが、

 

「生きていてもしょうがない。」
「生きていても迷惑をかけるだけだ。」
「何かあったら子供をよろしく。」
「自分には将来がない。」

 

などといった
なんとなく死を思わせるような言葉を
発したときにも注意が必要です。

 

 

また、家族とも口をきかなくなったり
部屋にひきこもってしまったり、
周囲の状況や社会情勢に
まったく関心を持たないようなら要注意です。

 

 

さらに、薬をたくさん隠し持ったり
包丁やひもを探していたり
手紙や写真などを整理していたり
大切なものを人にあげたりすることも
非常に危険なサインととらえるべきです。

 

 

いずれにしても、いつもと異なる言動や
気になる兆候が見られたら
速やかに医師に相談して
自殺を防ぐ対策を講じる
ようにしてください。

 

 

また、時期としては
うつ病になりたての時期と、
治りかけの回復期
もっとも危険と言われています。

 

 

症状が重いときには、「死にたい」と思っても
自殺する気力もわかないものですが、
少し元気のある時期には、
行動にも移しやすいですし、
家族も安心して監視の目をゆるめてしまいがちなので
特に注意するようにしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.季節性うつ病とは? | 仕事行きたくない 次のページへ

 

仕事行きたくない…私のうつ病体験記 トップページへ