仕事行きたくない… | 精神療法とはどのようなものですか?

Q.うつ病の精神療法とはどのようなものですか?

うつ病の精神療法というのは、どのようなものなのですか?

 

スポンサーリンク

 

患者の周りのあらゆる問題について相談にのり、
具体的に一つ一つ処理し、解決していくプロセスが
精神療法です。

 

 

精神療法には様々な種類がありますが、
うつ病の治療では「支持的精神療法」を主とする
「一般的精神療法」がメインになります。

 

 

支持的精神療法とは、
とにかく弱気になっている患者の
心理状態をくみとり、それを支持することで
精神的に立ち直らせ、回復させる方法です。

 

 

支持的精神療法の基本は
患者の悩みをよく聞き、訴えを理解したうえで
「なるほど、よくわかります」
というふうに支持しながら
よく聞いてあげることです。

 

 

その際に、善悪の判断をしたり
「あなたは間違っている。」
と責めたりすることはせずに、
患者の気持ちをできるだけ楽にし、
自尊心を高めるように努めていきます。

 

 

ですから、うつ病治療においては、
医師と患者との日々の対話やアドバイス自体が
精神療法といっても過言ではありません。

 

 

また、一般的精神療法としては
この他に「表現療法」というものがあります。

 

 

これは、患者が自身の悩みや不安を
言葉や絵などで表現することで
心の内に抑圧された不満を発散させ
心の負担を軽減していくものです。

 

 

うつ病にはいろんなタイプがありますが、
いずれのタイプでも、もっとも大切なのは
心身の安静と休養です。

 

 

ですから、うつ病の精神療法では
上記のように、患者が心身の安静を得られるように
様々な働きかけをしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.患者が心がけることは? | 仕事行きたくない 次のページへ

 

仕事行きたくない…私のうつ病体験記 トップページへ