仕事行きたくない… | 抗うつ薬の副作用はどのようなものですか?

Q.抗うつ薬の副作用というのはどのようなものですか?

抗うつ薬には副作用があると聞きましたが、どのようなものなのですか?

 

スポンサーリンク

 

薬の種類にもよりますが、抗うつ薬には
大なり小なり副作用があります。

 

  • 口の渇き
  • 便秘
  • かすみ目
  • 眠気
  • 吐き気
  • 手指のふるえ

 

など、その症状は多様です。
これらは、主として抗うつ薬の持つ
抗コリン作用によっておこります。

 

 

また、過剰に投与した場合は
同期や頻脈、起立性低血圧などを
引き起こしやすいことも知られていますので
心臓病を併発している人や高齢者にとっては
服用には注意が必要です。

 

 

ちなみに、上記の副作用群の中で
一番よくみられる副作用は「口の渇き」です。

 

 

服用している本人にとっては不快な作用ですが、
減薬をすべきほど重くなることはありません。
ガムやアメを食べたり、水分をこまめに補給することで
症状を軽減することができます。

 

 

これらの副作用というのは、一過性のもので、
薬を服用し始めたら比較的すぐに発生しますが、
7〜10日くらいで徐々に軽快することが多いです。

 

 

また、「SSRI」という抗うつ薬は、
副作用が非常に軽くて少ないことで
最近注目を集めているようです。

 

 

ただ、確かに上記のような副作用や
循環器への影響はほとんどありませんが、
吐き気、食欲低下、下痢などの
消化器系障害に加えて、
不眠や手指の震えなどが見られます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.お酒を飲んでもよいか? | 仕事行きたくない 次のページへ

 

仕事行きたくない…私のうつ病体験記 トップページへ