仕事行きたくない… | うつ病はどのように治療しますか?

Q.うつ病の治療はどのように進められるのですか?

うつ病の治療とはどのように進められるのですか?

 

スポンサーリンク

 

うつ病治療の三本柱というのは

 

  • @休養
  • A薬物療法
  • B精神療法

 

です。

 

 

中でも最も大事なのが
@休養と言われています。

 

 

それも、中途半端に休むのではなく、
仕事や学業、家事などから
徹底的に離れて休養すること
が必要です。
うつ病治療の基本は、とにかくのんびりと休み
心身の疲れをとることに尽きるのです。

 

 

ただし、ごく軽症のうつ病であれば
抗うつ薬を飲みながら
通常の仕事を続けることも可能です。

 

 

ですが、うつ病になる人というのは
もともと生真面目で責任感の強い人が多いので、
治療中でもついつい頑張りすぎて
うつ病をこじらせてしまう
こともあります。

 

 

ですから、私のように数週間〜数か月ほど
仕事を休んで治療に専念することを
勧められるケースが多いようです。

 

 

次に、うつ病治療で重要なのが
A薬物療法です。

 

 

うつ病の発症には、脳内の神経伝達物質の
機能障害が関係していると考えられます。
そこで、それを改善するために
薬物療法が必要になるのです。

 

 

抗うつ薬には脳内の神経伝達物質の働きを
回復させる効果があり、
うつ病の治療には不可欠なのです。

 

 

うつ病治療で最後にあげられるのが
B精神療法です。

 

 

精神療法のやり方にはいくつかありあすが、
うつ病治療のために行われるのは
「支持的精神療法」と言われるものです。

 

 

これは、とにかく弱気になっている患者の
精神状態をくみとったりそれを支持する
ことによって
精神的に立ち直らせ、回復させる方法です。

 

 

医師はそのために、患者の抱えている悩みをよく聞き、
訴えを理解してあげると言った取り組みを行います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.抗うつ薬の副作用とは? | 仕事行きたくない 次のページへ

 

仕事行きたくない…私のうつ病体験記 トップページへ