仕事行きたくない… | 仮面うつ病って何ですか?

Q.仮面うつ病ってどんな症状ですか?

仮面うつ病というのはどんな症状なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

うつ病の症状は、精神症状と身体症状がありますが、
そのうちの、身体症状のほうが強く出るうつ病のことを
仮面うつ病と言います。

 

 

うつ病本来の精神症状が、身体症状という
「仮面」の下に隠れてしまっていることから
この名前が来ているようです。

 

 

ちなみに、軽症うつ病とはどう違うのかということは
精神科医の間でも議論されてるようですが、
現状は、両者はほぼ同じ意味で使われているようです。
ですから、基本的には同じものであると考えても
さしつかえはありません。

 

 

この仮面うつ病で一番危険なのが
身体症状に気をとられて
その背後にあるうつ病の存在を
見逃してしまうケースが多いということです。

 

 

仮面うつ病では、精神症状が目立たないので
自分がうつ病であるということにはなかなか気づけません。
そのため、最初は内科や婦人科などに
訪れるケースが多いようです。

 

 

しかし当然ですが、よしんばそこで
X線検査や内視鏡検査をしても
当然ながら異常は認められません。

 

 

もしその医師がうつ病に関する知識を持っていれば
そのタイミングで、精神科や心療内科の受診
指示することもできると思いますが、
必ずしもそうはならないのが現状のようです。

 

 

「検査の結果、異状は見当たりませんでした。」
「気のせいでしょう。心配ありませんよ。」

 

といった形で片づけられたり
「神経症」「更年期障害」などといった
誤った診断名で不適切な治療を
されることも少なくありません。

 

 

ですから、原因が分からないけれど
身体的に不具合があり、
それが長く続くようなら、
仮面うつ病を疑うようにしてください。

 

 

そして一度、精神科や心療内科を
訪れてみることを強くおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.何科を受診すべきか? | 仕事行きたくない 次のページへ

 

仕事行きたくない…私のうつ病体験記 トップページへ