仕事行きたくない… | 無理に自分を変えようとしない

無理をして自分を変えようとしない

スポンサーリンク

 

うつ病になると、自分自身が嫌になります。
こんな自分なんか消えて無くなればいいと
考えてしまったりします。

 

 

そこで、本やネットで「認知療法」を知った人は、

 

「こうやって考え方を変えればいいのか。」

 

と思って実践します。

 

 

しかし、認知療法というのは
自分の考え方を「ゆがんでいる」とした上で
そのゆがみを強制する治療法ですので、
意外と強い意志が必要になります。

 

 

ですから、医者やカウンセラーと一緒に
じっくりと時間をかけて治していくならいいですが、
なまじ一人で治そうとすると
かえって負担になって悪化してしまうことがあります。

 

 

そこで、私が個人的におすすめするのは、
そんな自分を変えようと努力するのではなく、
そんな自分を認めてしまうということです。

 

 

うつ病になりやすい性格として

 

  • 几帳面すぎる
  • 気にしすぎる
  • 完璧主義すぎる

 

などといったことをあげましたが、
これらは見方を変えれば、
「真面目」で「誠実」で「思慮深い性格」
とも言えると思います。
そして何より、そういう性格は
あなた自身の「個性」なのです。

 

 

それなら、無理やりに変えようとしても
無理が生じて辛くなるだけです。
自分の性格を認めてあげることで
自分自身に対する自信も生まれてくるはずです。

 

「自分は損な性格だ。」
「自分の性格を変えなければ。」

 

という不安や焦りを抱いていては、
結局自分を責めて辛くなるだけで
何も変わりません。

 

 

まずは自分自身を認めてしまうことが
うつ病とうまく付き合っていく
いつかはうつ病とさよならする上で
大事なことなのではないかと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>不眠はうつ病のはじまり | 仕事行きたくない 次のページへ

 

仕事行きたくない…私のうつ病体験記 トップページへ