仕事行きたくない… | 完璧主義をなくし、いい加減に生きる

「〜するべきである」といふうには考えない

スポンサーリンク

 

私も含めて、何事も完全でないと気が済まない
「完璧主義」の人ほど、うつ病になりやすいです。

 

 

完璧主義の人は、仕事ができる人が多いですし、
自分でもそう自覚している人がほとんどです。
そういう人はプライドが高く、自分にも厳しいです。
そして、何かにつけて

 

「物事はこうあるべき。」

 

と決めつけてしまう傾向があります。

 

 

もちろん、高い理想や目標を掲げることは
悪いことではありませんし、
自分を成長させるためには
むしろ重要なことだと思います。

 

 

しかし、あまりにも「〜べき」ということが
増えてしまうと、
それがプレッシャーになってしまいます。

 

 

ですから、あまり気負いすぎずに
周りに迷惑があまりかからない範囲で
いい加減に生きてみるのもいいと思います。

 

 

たとえば、私は会社で、自分の所属するグループの
リーダーを任されたのですが、
心の中では、リーダーなんかやりたくないと思っていました。

 

 

しかしそれでも、心の中では

 

「リーダーになら、きちんと責任を果たさないといけない。」

 

というふうに考えていました。
今思えば、もっと余裕があってもいいと思いますが、
どうしてもそれができなかったのです。

 

 

こういった、「〜べきである」という考え方をしてしまう人は

 

「もしかしたら別の考え方もあるかも」

 

というふうに思いなおす「クセ」を付けたほうが
いいと思います。

 

 

うつ病で休職する前は、

 

「自分はリーダーには向かない!」

 

とかたくなに考えていました。
その結果、うつ病を患ってしまいました。

 

 

しかし、そこはもう少し余裕を持って、

 

「あせらず、時間をかけてリーダーになればいい。」

 

とふうに思えれば、
もっと違った結果になったかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>無理に変えようとしない | 仕事行きたくない 次のページへ

 

仕事行きたくない…私のうつ病体験記 トップページへ