仕事行きたくない… | 自分の時間を作りましょう

「自分の時間」をつくりリラックスする

スポンサーリンク

 

うつ病とうまく付き合うには、
仕事以外のリラックスする時間を確保する
習慣をつくったほうがいいです。

 

 

普通の人は、週末がそれにあたると思いますが、
仕事中でも自分の時間を作ることを
考えてみてもいいと思います。

 

 

たとえば、外回りなら待ち合わせ場所に
1時間ほど前に行って、
喫茶店で本やマンガを読んでもいいですよね。

 

 

仕事中の移動でも
頑張って「日経新聞」を読むのではなく
小説を読んだり、スマホでゲームをしたり
仕事とは関係ないことをしてみるといいです。

 

 

「そんなことしてはダメじゃないか!」
と思ったかもしれませんが、
本当にそうでしょうか?

 

 

あなたがその時間を自分のことにあてたとして
それが本当に会社のマイナスになるのでしょうか。
本当はなにも変わらないのではないでしょうか。

 

 

仕事中にサボってはいけないと言う人はいますが、
いざ、「その理由を説明してください」と言われれば
うまく説明できないのが本当のところではないでしょうか。

 

 

何も、2時間や3時間サボるという話ではありません。
少しくらい、仕事と仕事の間に「スキマ」を作って
その部分を自分の楽しみのために消化しても
そんなに会社に悪影響を与えるものではないということです。

 

 

事実、仕事ができる人ほど、
自分の時間を確保して、悠々と過ごしている
ものです。
そうやってリフレッシュした後、職場に戻って
人よりもバリバリと働いているのです。

 

 

また、「忙しい」と言うのが口癖の人がいますが、
これは単に自分の仕事の優先順位
つけられていないだけという場合が多いです。

 

 

今、何を優先してやるべきか
何をあと回しにすべきかがわかっていると
仕事が早く進みますし、空き時間ができます。

 

 

空き時間ができると、先ほど述べた通り
のんびり過ごすことができ、
気持ちをリラックスすることができます。

 

 

よく、几帳面な人がうつ病になりやすいと言われますが、
けっこう、あれもこれもといろいろ抱え込んでしまい
収集がつかなくなるタイプの人も多いです。
もしあなたがそういう人なら、
意識して自分の時間を作ることを実践してみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>「べきである」と考えない | 仕事行きたくない 次のページへ

 

仕事行きたくない…私のうつ病体験記 トップページへ