仕事行きたくない… | 精神科医との上手な付き合い方について

精神科医との上手な付き合い方

スポンサーリンク

 

軽症うつ病が長引いている人の中には
心療内科や精神科医にかからなかったり、
市販の精神安定剤ですませていたり
最初は通院していたが、効き目がないと自己判断して
行かなくなってしまったという人が結構います。

 

 

短期間でころころと医者を変えてしまう。
いわゆる「ドクターショッピング」をしてしまう人もいます。

 

 

 

しかし、ここで大事なのは、
うつ病と言うのは治りにくい病気だと認識することです。
一度病院に行って、専門薬を処方してもらったら
すぐ治ると考えるのは間違っています。

 

 

まずは、長く付き合う必要がある病気と言う
認識のもとで治療や通院をスタートするべきです。

 

 

たしかに、精神科医と言うのは、
私のような軽症うつ病が続いている人には

 

「じゃあいつもの薬を出しときますね。」

 

といった簡単な対応で済ませる場合があります。
しかし、軽症うつ病が長引いている状態のときは
生活習慣の乱れやストレス、生きがいの問題など
薬だけではどうにもならない問題を抱えている場合が
多いものです。

 

 

もちろんですが、
医者はうつ病を治す魔術師ではありません。
日頃のストレスや生きがいといった話まで
何とかできるわけではないのです。

 

 

中途半端に医者に頼っている人は、

 

「あの医者はいつも同じアドバイスしかしない。」
「薬もほとんど効かない。」

 

などと言って、薬を指示通り飲まなかったり
医者不信になったります。

 

 

しかし、薬を飲んだからと言って
イヤな上司や同僚がいなくなるわけがありませんし、
人生のクオリティが高まるわけではありません。
ですから、過度に医者に期待しすぎてはいけません。

 

 

ただそうは言っても、
医者のすべてを信頼しないわけではありません。
すくなくとも彼らは医学や薬学の知識はあるわけです。

 

 

ですから、処方してもらった薬がどのように効くのか、
副作用はどの程度あるのかなどを聞いたり、
もし効かなかったら、どういう風に効かなかったかを説明して
もっと効果のある薬を処方してもらったりするという感じに
利用すればいいのです。

 

 

もし、そういう質問にも答えられない医者なら
それはさすがに替えたほうがいいと思います。笑

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>自分の時間をつくりだす | 仕事行きたくない 次のページへ

 

仕事行きたくない…私のうつ病体験記 トップページへ